本文

防犯用缶バッジを地域全体で活用しよう

防犯用 缶バッジ

みなさんの地域では防犯を目的とした夜回りなどをされていますか?

小中学校のある区域では、PTAの方々が協力し登下校などに見回りもされていますね。


そういった時には腕章をしたり、首から学校の名札を下げたりすることがあると思いますが、 見回りをされるときだけではなく、普段から防犯用の缶バッジを付けてみてはいかがでしょうか。



大きく派手な蛍光色のデザインなどで、防犯の缶バッジを作り 自治会や子ども会の方々に協力してもらい、“町民はみんな防犯に対して意識が高いですよ!!” とアピールするのです。

小さい子供がいる若いお父さんお母さんから お店のおじさんおばさん、散歩中のおじいちゃんおばあちゃんまで みんなが自分の町を守るために日々目を光らせ『犯罪をさせない』 『変な気を起こさせない』雰囲気づくりをすることで、本当の防犯効果が表れるはずです。


また、特定の見回り日だけ“気をつける”ということではなく、 見回りをする日以外でも“いつも気に掛けている”という意味合いも込めて 常日頃から防犯用の缶バッジを装着しておくのです。



すると、付けている人も付けているのを見た人も防犯意識が高まりますし、 もしも何かを仕出かそうとたくらんでいる人が、あちこちで防犯缶バッチを見かけたとしたら 「悪いことはできないな…」と考えを改めるはず!


そこまでの効果があるの?と思う前に、犯罪を防ぐための意識付けとして 防犯用の缶バッジ制作をお勧めします。



詳しい情報・価格・ご注文はこちら >> 缶バッチの製作

蛍光カラー缶バッジはこちら >> 蛍光カラー缶バッチ

ページトップへ